2006年12月15日(金曜日)

デンマークからこんにちは グリーン・サンタさんが『ぽっぽおひさま発電所』に

カテゴリー: - ssnet @ 18時13分38秒

「ぽっぽおひさま発電所」は、大阪・大東市のぽっぽ保育園の屋根に、2006年3月、「自然エネルギー市民の会」がつくった市民共同発電所です。

このほどここを、デンマークの環境大使「グリーン・サンタさん」が訪れました。

この日、サンタさんは、まず大阪府庁を表敬訪問、つぎに大阪市役所で、電気自動車に乗ったあと、環境保全に貢献した団体として、ぽっぽおひさま発電所を訪れたのです。80人の園児たちは、歌と踊りを披露し、市民の会などがつくった竹風車や、手づくり手袋などを、サンタさんに贈りました。

「サンタさんが子どもたちからプレゼントをもらうなんて」と、デンマークの「グリーン・サンタさん」は大喜びでした。

サンタさんから子どもたちには、土を育てる「れんげの種」が贈られました。

この発電所は、市民の出資と寄付に、国の補助金・大阪府の助成金を加えてできた出力10KWの太陽光発電所です。年間約10,000Kwhを発電し、保育園が使う電力の約25%を賄います。しかし生み出す電気以上に貴重なのは、数字には表せない園児たちへの環境教育の効果です。

保育士さんたちが小まめに電気を消します。紙芝居を作って、子どもたちに電気のはなしを教えます。歌は「ぼくたち太陽の子」・・・。

この日、大阪府の地球環境保全課職員による「ぬいぐるみ、モットちゃん・キットちゃん」と「環境のお姉さん」が大活躍。お昼寝から目覚めた子どもたちが、歓声をあげてぬいぐるみに抱きついていた笑顔が忘れられません。

予算のない中、がんばっている大阪府職員のこんな一面も知ってくださいね。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://sustainable-s.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/2

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

20 queries. 0.007 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

コンテンツメニュー
検索
カレンダー
2006年 12月
« 9月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリ
(C)Copyright 2006 - Sustainable Society Network. All Rights Reserved.  [ サイトマップ | お問い合わせ | ログイン ]