2008年2月10日(日曜日)

水の革命 - 森林、食糧生産、河川、流域圏の統合的管理 -

カテゴリー: - ssnet @ 17時35分25秒

近刊書籍紹介

水の革命  ― 森林、食糧生産、河川、流域圏の統合的管理 ―
イアン・カルダー 著
蔵治光一郎(くらじ こういちろう)+林裕美子(はやし ゆみこ)監訳

A5判 288頁
定価 3,000円+税
発行 築地書館
電話 03-3542-3531
FAX 03-3541-5799

本書は、流域の水資源と土地の統合的管理(ILWRM)について理論的に解説するとともに、インド、中国、アフリカ、日本など世界各国の事例を踏まえ、実践的な管理方法について提案した本である。

最近「統合的水資源管理(IWRM)」という言葉が頻繁に使われるようになった。ここではそれに土地(L)を加え、ILWRMとしていることが特徴的である。著者はこのような流域の土地と水の統合的管理による水危機克服手段を、食糧危機克服手段としての「緑の革命」になぞらえて「青の革命」と呼んでおり、これこそが近年広く叫ばれるようになった「世界の水危機」に対処する唯一の道であると説いている。

本書の邦題は誤解を避けるために「水の革命」としたが、本文中では原文に忠実に「青の革命」の語を用いている。

著者からの最も重要なメッセージは、これまで河川流域単位で取り組まれてきた水資源管理、洪水管理、流域(土地)管理が、互いに密接に関係しているにもかかわらず個別に行われており、今後はこれらを統合して管理しなければならないというものである。

流域の土地を巡る議論をする際、森林は特に大きな面積を占める土地被覆形態で、かつ水循環に及ぼす影響が大きく、水資源や洪水にも影響を与えるため、本書の全体を通じて重点的に取り上げられている。森林が適切に管理され、林業が行われていれば、水の量や質についてもおのずから良い結果が得られるという、いわゆる「予定調和論」的考え方を一つ一つ検証し、森林・林業と水とは、片方を得ようとすればもう一方を犠牲にせざるを得なくなる、いわゆるトレード・オフの場合もあることを説いている。特に大規模な植林が水資源にマイナスの影響を及ぼす可能性や、土壌浸食を引き起こす可能性を指摘し、十分な配慮が必要であると強調している。

日本の森林、農地、河川、海岸、水資源等にかかわる行政担当者、研究者、これらの分野に関心のある市民、NPO等、さらには開発途上国の援助を担当する行政関係の人々、研究者、NGO等にとっても有益な情報が満載されている。

本書の構成は以下のとおりである。
第一章 新たな理解―土地利用と水の相互作用
第二章 森林と水―神話と俗説
第三章 水資源と「制限」概念
第四章 新たな理念
第五章 政治、権力、犠牲
第六章 水資源をめぐる対立
第七章 統合的土地・水資源管理(ILWRM)


2007年10月16日(火曜日)

『サステイナブル社会』構築に向けて、なお闘うドイツの市民運動

カテゴリー: - ssnet @ 13時44分56秒

『サステイナブル社会』構築に向けて、なお闘うドイツの市民運動

ふじながのぶよ・レポート   no1

2007年9月24日、4年ぶりにドイツ・フライブルグに向かった。

今回は、「自然エネルギーの進捗状況」「脱自動車の交通政策」「焼却に方針転換したプラスチック容器ごみ」の勉強と視察が目的であったが、定点観測のように5回目の訪問になるので、故郷に帰るようなほっとした旅であった。出国審査を終え、大好きなアナウンスに送られ出発した。

 9月末だというのに、30℃を記録する『暑い大阪』から12時間余、フランクフルト空港はさわやかだ。
 特急に乗り南へ2時間あまりでフライブルグ駅に、乗り換え30分で黒い森の中の駅「Winden」に到着。  
牛のにおい、干草の匂い、満天の星。

 ここを拠点に10日間の研修が始まる。フライブルグ大学創立100年祭とかで市内のホテルが満杯で、ここを選んだらしい。が、なかなか素敵な郊外だ。
欠点はIT関係の連絡が悪いこと。事前準備が必要だった。海外用携帯電話・ネットカフェで利用できるPCの準備など。しかし、今回は軽量ノートパソコンにはずいぶん助けられた。往復の飛行機の中で溜まっていた原稿が書ける。退屈するとゲームができる。ためていた書類が読める。取り込んだ写真が見える。帰り便で隣に座ったドイツ青年に「仕事はなんですか?」と聞かれてパワポを見せたりもできた。

 12日の旅の感想は、「サステイナブル社会に向けて、ドイツの市民運動でさえなお闘っている」ということだ。当たり前だ、といわれるとその通りだが、とかく私は、ドイツやデンマークを理想として語ってきた。そのドイツで、例えば「風力発電設置数が減っている」というのだ。今年はじめ、『ドイツの風力発電の設置に再び勢いがついた。2006年設置された新規の発電容量が1208基・発電容量223万KWになり前年比23.5%増で、設置総数18,685基にのぼり国内電力需要の5・7%を賄っており、2010年までに再生可能エネルギーの割合を消費電力の12.5%に引き上げる政府目標は達成できる』という風力発電協会会長の自信に満ちた情報をえていたからである。

衝撃的だった。そのときは闘わなければならない理由が何なのか、まだわからなかったが、日本の私たちが要求する「自然エネルギー買取補償制度の導入」とは比較にならない高次元の話だろうが、最終日に講師のDr.Pesch氏は『ドイツを理想だと思っているでしょう?電力を自然エネルギーにすることは、小さなことではない大挑戦だ。ドイツ政府が偉いわけではない、政治家が優れているわけでもない、我々が闘っているのだ。』と、だから日本でもがんばれと…激励された。

 とは言え、ドイツの温暖化防止対策としての「自然エネルギーの普及」「脱自動車・交通政策」「廃棄物政策」は制度設計がしっかりしていて先進している。自然エネルギーで儲かるしくみ、公共交通利用者が7割を超えるシステムなど、逐次レポートします。

(写真は大聖堂屋上から見た市)


2007年4月24日(火曜日)

2007年5月6日(日)開催!SSnet スタート集会 〜サスティナブル社会構築のために〜

カテゴリー: - ssnet @ 10時37分11秒

「永続可能な社会をつくろう」、この言葉は、地球の世直しを目指す、21世紀人類の合い言葉です。

温暖化と気候変動、有害化学物質汚染、種の絶滅数など。地球は病んでいます。人間社会はと見渡せば、いたるところ、戦争は絶えることなく、富者と貧者の格差は空前絶後に開いてしまいました。

私たちの文明をいつまでも続かせるために、みんなで「危機の認識を共有」しましよう。どんな小さなことでもよい目標に向かうみんなの努力をつむぎ合わせましよう。

そんな思いで立ち上げるSSネットの、立ち上げ集会を企画しました。連休最後の一日、SS集会のためにお出かけください。

とき : 2007年5月6日(日)13時開場 13時30分〜16時30分
ところ : 大阪駅前第2ビル5階  『大阪市総合生涯学習ルーム』第2研修室

内容  
  『SSnet構想とその目指すものサステイナビリテイ思想の歴史と現在』 林智代表
  『工学的視点からみたサステイナブル社会序説』 神戸商船大学名誉教授 西川榮一氏

コレが目玉→  トーク&トーク   全員参加で語り合いましょう。

資料代 500円

連絡先  おおさか市民ネットワーク 06-6921-5271   藤永


2006年12月15日(金曜日)

デンマークからこんにちは グリーン・サンタさんが『ぽっぽおひさま発電所』に

カテゴリー: - ssnet @ 18時13分38秒

「ぽっぽおひさま発電所」は、大阪・大東市のぽっぽ保育園の屋根に、2006年3月、「自然エネルギー市民の会」がつくった市民共同発電所です。

このほどここを、デンマークの環境大使「グリーン・サンタさん」が訪れました。

この日、サンタさんは、まず大阪府庁を表敬訪問、つぎに大阪市役所で、電気自動車に乗ったあと、環境保全に貢献した団体として、ぽっぽおひさま発電所を訪れたのです。80人の園児たちは、歌と踊りを披露し、市民の会などがつくった竹風車や、手づくり手袋などを、サンタさんに贈りました。

「サンタさんが子どもたちからプレゼントをもらうなんて」と、デンマークの「グリーン・サンタさん」は大喜びでした。

サンタさんから子どもたちには、土を育てる「れんげの種」が贈られました。

この発電所は、市民の出資と寄付に、国の補助金・大阪府の助成金を加えてできた出力10KWの太陽光発電所です。年間約10,000Kwhを発電し、保育園が使う電力の約25%を賄います。しかし生み出す電気以上に貴重なのは、数字には表せない園児たちへの環境教育の効果です。

保育士さんたちが小まめに電気を消します。紙芝居を作って、子どもたちに電気のはなしを教えます。歌は「ぼくたち太陽の子」・・・。

この日、大阪府の地球環境保全課職員による「ぬいぐるみ、モットちゃん・キットちゃん」と「環境のお姉さん」が大活躍。お昼寝から目覚めた子どもたちが、歓声をあげてぬいぐるみに抱きついていた笑顔が忘れられません。

予算のない中、がんばっている大阪府職員のこんな一面も知ってくださいね。


2006年9月7日(木曜日)

「学習会・勉強会・その他へのお誘い」について

カテゴリー: - ssnet @ 09時14分11秒
「学習会・勉強会・その他へのお誘い」では、環境省をはじめ、各自治体のパブリックコメントや、その他関連サイトから、可能なかぎり、情報を集めてお知らせしていく予定です。

「SSを勉強したい方へ」について

カテゴリー: - ssnet @ 09時12分22秒
こちらのメニューでは、「SSを勉強したい方」に対して、SSに関連する情報をページ上部に表示されているに「カテゴリー」分けし、随時紹介していきます。
SSに関連する事柄は多岐にわたりますので、必要と思われるカテゴリがあれば、どんどん追加していきます。

26 queries. 0.021 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

コンテンツメニュー
検索
カレンダー
2018年 10月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリ
(C)Copyright 2006 - Sustainable Society Network. All Rights Reserved.  [ サイトマップ | お問い合わせ | ログイン ]